<< 〈マチノアルキ〉龍山の古アパー... 〈マチノアルキ〉龍山の古アパー... >>

〈マチノアルキ〉龍山の古アパートと日本式家屋と路地を歩く その2

e0160774_21574906.jpg
前回、龍山マチノアルキの続き。

線路を2本越えた後、また線路を越える橋を渡る。
セナムト殉教聖地に行くのだ。
セナムトは、朝鮮末期にカトリック教徒の大虐殺が行われた場所。数万人といわれる人々が殉教したという世界にも類をみない殉教地だ。
カトリックが聖地化し、韓屋スタイルの聖堂が建っている。
e0160774_21584433.jpg
聖堂の脇には聖母子像が立っているが、韓服を着ている。
聖公会とかカトリックって、宣教地の文化をよく取り入れているのが興味深い。
この聖堂で個人的に気に入っているのは2階の礼拝堂。屋根の形に合わせた三角の屋根や、石のレリーフで造られた祭壇画などが独特でありながら、荘厳な雰囲気をかもし出している。
e0160774_21513071.jpg
e0160774_21513029.jpg
殉教聖地だからか、祭壇画に描かれているのは、殉教した韓国の聖人たちの姿。礼拝堂の周りにあるイエスの受難のレリーフは、イエスも周りの人々も韓国の服装をしているのが面白い。

セナムトの聖堂を出たら、その裏にある古いアパートを見に行く。
おそらく1970年代に建てられたアパートだ。
e0160774_22050515.jpg
漢江に面した所は新しいアパートが建っているが、その内側は古いアパートがたくさん残っている。
建てられた当時は高級マンションだったのだろうが、老朽化が進んでおり、貧しい老人たちが住んでいるようだ。

アパートと一般の住宅が混在する地域には、2階建ての集合住宅があった。
階段を昇ってみると、いい感じの屋上に出た。
e0160774_21513077.jpg

2棟か3棟の集合住宅が並んでおり、屋上はそれぞれ、洗濯物を干したり、天幕を張ったりと、各自が思い思いの改造をほどこして、面白い景色を作り出している。
e0160774_21513009.jpg
集合住宅の間は狭い道になっていて、「道」というよりは「中庭」のような空間になっている。
e0160774_21513015.jpg
e0160774_21513002.jpg
奨忠洞にもこんな集合住宅があり、そこはすでに外国人労働者ばかりになっているらしいが、ここはどうなんだろうか。
長くここに住んでいる住民同士のコミュニティーみたいなものが残っているんだろうか?下町情緒的な。
でも、この日は路地に人影は見えなかった。

またすぐ現れた古いアパート。
e0160774_21513129.jpg
e0160774_21513112.jpg
この縦につながっている煙突みたいなのは何だろうか?
と思っていたら、釜山LOVEさんが「ダストシュートですよ」と。
「昔のアパートってエレベーターがなかったので、ごみを捨てるのにここから捨てたんですよ。日本だと昭和40年代くらいのアパートにはあったみたいです」とのこと。
なるほど。この建物は1970年代だろうけど、その頃はまだあり得たんだろうな。

まだまだ続く古いアパート群。
この緑色に塗ったアパートは示範アパートだ。
e0160774_22082545.jpg
1960年代後半、ソウルの住宅難と無許可住宅の解決のために、ソウル市が「市民アパート」という名で大々的なアパート建設事業を行った。しかし、超突貫工事で進められ、そのうちの一つである「臥牛アパート」が崩壊することによって市民アパート建設事業は白紙化することとなった。そして、より安全なアパートの「模範を示す」アパートとして登場したのが「示範アパート」だった。
ここ、二村示範アパートもその一つだが、建てられたのは1970年。すでにソウルのあちこちで示範アパートが取り壊されているが、再開発の風にさらされているのは同じことだろう。

e0160774_22090987.jpg

そしてこちらは「二村示範チュンサンアパート」。
「チュンサン」の漢字は見つからなかったが、おそらく「中産」だろう。
e0160774_22090957.jpg
どこまでも続くような古アパートの谷!
「3棟」という表示板のフォントがなんともいえないいい味を出している。
e0160774_22090993.jpg

さて、ここまでで睦子さんが空港に向かわなければならないということで、ソウル駅にタクシーで行くことに。
ソウル駅の前のカムジャタン屋で遅い昼食を食べて、空港鉄道でお見送りしてからは、厚岩洞へ!
マチノアルキの続きは次の更新を待て!

[PR]
by matchino | 2015-09-07 22:17 | マチノアルキ | Comments(2)
Commented by yukiful-xmas at 2015-09-08 01:34
殉教者が数万人!?(@_@) そんなことがあったんだぁ!

ここって、礼拝堂も独特の雰囲気だし、韓服を来たイエス様も珍しい!
ステンドグラスの絵をもっとよく見たいな~!

1970年ってついこの前って気がするんだけど・・・(^^;
このアパートを見ていたら、私もこんなに古くなってんのか?
って思ってしまった!(笑)

普通ソウルに行って古アパートを見ようっちゃ思わないけど、
マチノアルキにかかると、建物の「味」が見えてくるのね。

次の更新が待ち遠しい!!
Commented by matchino at 2015-09-08 09:48
> yukiful-xmasさん
去年、ローマ教皇が訪韓したときも、忠清南道の殉教聖地に行ったんですよ。世界に例を見ない殉教者数だって。忠清南道の聖堂めぐりも面白かったですよ。

私も前はアパートなんて見向きもしませんでしたけど、歴史とかを知ってみると面白いもんですね。まあ、わざわざ海外旅行まで行ってぼろアパート見るかよ!って感じはすると思います。私もそうだし。

…あれ? そうでもなくて、上海に行ったときにアパート見てたかも…笑)
<< 〈マチノアルキ〉龍山の古アパー... 〈マチノアルキ〉龍山の古アパー... >>