<< 国立現代美術館ソウル館「若い建... 春川でマイム祝祭→近代建築巡... >>

春川でマイム祝祭→近代建築巡り その3 春川紹陽路聖堂

e0160774_12540177.jpg
春川近代建築巡りの最終回!

竹林洞主教座聖堂と旧春川文化院を見て、もう一ヶ所、見ておきたい所があった。でも、もうこの辺りから暑さがMAX!ベビーカーに乗せた娘が心配でちょっと悩んだけれど、まだまだ直射日光に当たらなければそれほど暑くはないようで、もう一件行くことにした。

春川市庁の裏から江原道庁の前を通り、少し歩いた所にあるのが、春川紹陽路聖堂。木々が生い茂る鳳儀山の中腹に建てられていた。
韓国動乱の時に人民軍の捕虜となって銃殺されたアンソニー・コリアー神父を記念して、ジェームス・バックレー神父が建てた聖堂。
コリアー神父は一緒に捕まった信徒の青年を助けるために、その青年に覆い被さって自分が銃弾を受けたのだという。

教会の門を通った途端、教会の独特な雰囲気に驚く。
表から見ると何角形なのかは分からないけれど、ちょっと複雑な多角形の平面のようだ。
e0160774_12491392.jpg
e0160774_12491367.jpg
e0160774_12491311.jpg
白い壁に丸い窓、濃いグレーの屋根に窓が付いていて、白い十字架がアクセントになって美しい。

中に入ってみると、半円形になっているのが分かった。
e0160774_12491365.jpg
祭壇の反対側にある丸い窓と小さな十字架がかわいい。
e0160774_12491371.jpg
信徒が座る席の後ろにはステンドグラスの入った窓があり、窓と窓の間には聖画が掛けられている。絵のタッチが独特でいいな。
e0160774_12491497.jpg
e0160774_12491313.jpg
e0160774_12491429.jpg
建物の裏に回ってみると、平面になっていた。それでも柱がゴシック建築の柱の形をしており、裏だからといって手を抜いたりはしていない。
e0160774_12540165.jpg
そういえば、表側の柱はどんな形だったかと思って見てみると、やはり同じ形をしていた。
e0160774_12491308.jpg
敷地内には司教館だろうか、住宅のようにみえる建物。玄関ポーチが時代を感じさせる。
e0160774_12540113.jpg
これで、調べてきた3つの建築をすべて制覇!聖堂から少し下りたところにあるヨガープレッソで食べたブルーベリー・ヨーグルト・スラッシュも格別!
e0160774_12540122.jpg
少し体力を回復したところで、春川駅へと向かう道を少し遠回りして衣岩湖畔を歩いた。でもここは自転車で走るにはいいけど、歩くにはたいへんだな。
e0160774_12540102.jpg
暑くて心配した娘も元気でよかったが、問題は私だった。無理したせいか次の日に疲れがどっと出た。無茶ができない歳になってきたな…。運動せねば。

[PR]
by matchino | 2015-06-20 12:57 | 建築 | Comments(0)
<< 国立現代美術館ソウル館「若い建... 春川でマイム祝祭→近代建築巡... >>