<< 東仁川散歩 その2 水道局山の... ramblrと奨忠洞の踏査 >>

東仁川散歩 その1 崇義洞の廃墟編


e0160774_21322533.jpg

東仁川のペダリという地域がなにやら面白いらしい。それで路地系の友達と東仁川散歩を企画した。
ちょうどそれに合わせたかのように「青春男女…」のイェソンさんが済物浦駅近くの廃墟をブログに紹介していたので、ついでに行ってみた。

済物浦駅から出るや否やそそる路地があったので路地裏散歩。
e0160774_21322531.jpg

そしてその廃墟の方へ向かってみると、なんと駅を降りる方向を間違えて、反対側に出てしまったことに気がついた。
少し遠回りする道になってしまったが、なんとか線路を越えると、偶然にもブログに紹介されていたもう一つの建物が目の前に現れた。

e0160774_21322555.jpg

崇義平和市場。
e0160774_21322593.jpg

三角形の土地を囲むように建物が建っており、中庭が駐車場になっている。けっこう老朽化した建物だが、ここをギャラリーなどとして使うことになっているらしい。
e0160774_21322541.jpg

日曜日でギャラリーは休みのようだ。
e0160774_21322582.jpg

FB友達の話によると正面の建物の中はアーケードになっていて、なかなかいい空間になっているらしい。もう一度行ってみないとだな。
e0160774_21322577.jpg
e0160774_21322561.jpg

さて、さらに歩いてなんとか目当ての建物の辺りまでたどり着いた。大通りの両脇には商店が並び、けっこうたくさんの人が行き来している。その道の左側にその建物はあった。
一つの四角い区画がつながった四角い建物になっていて、中庭がある形だ。前もってストリートビューで見ていた通りの古びた外観だ。
左の方へ回っていくと、中庭に入れる空間が開いていた。入り口かと思ったら、建物の一角が崩されてできた入り口(?)だった。
ブログに写真があったが、ここまで崩れているとは!
e0160774_21371387.jpg

建物を壊して建て直す計画が途中で挫折したんだろうか。崩れたまま放置されている。大通りに面した一辺だけが商店として使われているが、2階は空いていて、崩れかけたところもあった。
e0160774_21371306.jpg
e0160774_21371340.jpg

中庭には車が何台も停まっていて、居酒屋のテントも張ってある。この廃墟を見ながらビールを飲むってのもよさそうだなあ。
e0160774_21371395.jpg

入り口の崩れた部分には椅子が一つ置いてあった。私みたいな趣味の人が廃墟を眺めようと置いたんだろうか?
e0160774_21371325.jpg

奥の方に入っていくと、壁にグラフティーが描かれていた。崩れた後に描いたようだが、わざわざ足場をつくって描いたのかな?
e0160774_21371301.jpg

日曜日ということもあってか、すごく静かだ。大通りは人通りが多いのに、喧騒がまったく聞こえてこない。テープが風になびいて乾いた音を立てるだけだ。
ここに住んでいたり、店を営んでいた人たちがいたはずだが、それがなんだか太古の昔のことのように思えてくる。
廃墟というより遺跡といったほうがしっくり来る感じだ。
e0160774_21371330.jpg
e0160774_21371384.jpg
e0160774_21403798.jpg


この近くには寿鳳公園という公園があり、仁川の街が見渡せる高台の上にあった。
公園には仁川上陸作戦を記念した碑が立っていた。
e0160774_21403896.jpg

友達とは東仁川駅で待ち合わせだったので、もう一度済物浦駅に向かう。駅までの間にもいい感じの建物があった。
e0160774_21403821.jpg
e0160774_21403837.jpg

さて、東仁川散歩は続く!

[PR]
by matchino | 2015-03-26 21:44 | 建築 | Comments(0)
<< 東仁川散歩 その2 水道局山の... ramblrと奨忠洞の踏査 >>