<< 東仁川散歩 その1 崇義洞の廃墟編 北漢江の川辺で「大成里、外の美術展」 >>

ramblrと奨忠洞の踏査

e0160774_21543506.jpg
ramblrというウェブサービスを見つけた。
路地歩きの集まりの参加者の一人があげていたのをみつけたのだ。去年の6月の話なのに、今まで気づかなかったなんて!
検索してみると日本語のページはあまり見つからないので、日本ではそんなにポピュラーなものではないのかな?

で、どんなサービスかというと、自転車でも登山でも何でもアウトドア活動をするときに、このアプリを起動しておくと、GPSで自分が移動したコースが記録されるというもの。さらに、写真や動画、メモなど記録した位置が地図上にも表示される。
これは建築・路地散歩をするときにはもってこいだ!
インターフェイスも悪くないし、何よりも日本語対応なのがうれしい。
公開されている「トリップ」を見てみると、登山が多いし、写真を上げていない人も多いのでちょっともったいない感じもする。

でも、ちゃんとルートが記録されるのか、使えるサービスなのか気になって、さっそく踏査に出かけることにした。

この日、出かけたのは奨忠洞。前から行ってみたかった二つの建築を見に。
一つは、金寿根氏が設計した「京東教会」。
e0160774_21453780.jpg

もう一つは、承孝相氏が設計した「ウェルカムシティー」。
e0160774_21455327.jpg

両方とも韓国を代表する建築家の作品だ。

それからもうひとつ見たかったのは、ウェルカムシティーの前を車で通るたびに気になっていた、その隣の怪しげな洋館。
e0160774_21460305.jpg

京東教会もウェルカムシティーも中に入れなかったのが残念だけど、怪しげな洋館は近くから見られたのでよかった。
それに、その周りに日本式の家屋がたくさん見つかった。
e0160774_21454555.jpg

1時間ほどのショートトリップだったけれど、なかなか面白かった。

さて、ramblrのほうはといえば、ルートも写真もばっちり記録されていた。題名やTip、写真の説明などを加えれば、簡単に旅行記が完成する。「ここいいですよ! 行ってみて!」というのもとってもやりやすい。
記録する範囲や制度を少し調節するとバッテリーの減りが少なくなるということなので、試してみないとだな。
一つ問題点は、写真を撮ってから「この写真を使う」というボタンを押さないといけないこと。ボタンの位置は絶妙なんだけど、押し忘れてしまうことがあるのが難点。

ramblrでこの日のショートトリップを見てみたい人は
こちら

これからはこのサービス、使わないとだな。

[PR]
by matchino | 2015-03-22 21:57 | 建築 | Comments(2)
Commented by yukiful-xmas at 2015-03-24 01:03
おもしろそうなアプリですね。(興味津々)
これって韓国全土で使えるの?
気になるのは電池の消耗。
位置情報をオンにしなくちゃいけないだろうし、
写真を撮りながらだから、夕方まで電池がもつのかなぁ?
バッテリーは絶対要るね。

それにしても、またまた味のある建築物オンパレード!!
奨忠洞に行ってみたくなるじゃな~い!!(笑)
Commented by matchino at 2015-03-24 14:49
ゆっきーさん
韓国全土なんて!グーグルマップを使ってるから全世界で使えるんですよ!
ぜひ使ってみてくださいー。
バッテリーの消耗は少し早くなるでしょうねえ。私の場合、普通に撮っても旅行に行ったら一日持たないので、補助バッテリーを買いました。
このアプリを使ってどのくらい減るのか、何度か使ってみてテストしてみないとですね。
<< 東仁川散歩 その1 崇義洞の廃墟編 北漢江の川辺で「大成里、外の美術展」 >>