<< ramblrと奨忠洞の踏査 江華島散歩、「黄氏住宅」 >>

北漢江の川辺で「大成里、外の美術展」

e0160774_22195874.jpg
朝のニュースで「大成里、外の美術展(바깥 미술전)」という展示が紹介されていた。
漢江の支流である北漢江の川辺で、木や草や石などをつかったオブジェが展示されているらしい。
調べてみると、1981年から続いている企画なんだという。8日間という短い期間で、大きな話題になることもなく、静かに行われていた展示だったのだろう。
暖かくなってきたし、子供たちを外で遊ばせるのも兼ねて訪ねてみた。

地下鉄上鳳駅から江原道の春川に向かう京春線に乗って1時間ほど、大成里駅(テソンニ)に到着する。
MT(大学のサークルなどの親睦を深めるための合宿)でやってきた大学生や子供連れの家族がけっこうたくさん降りた。
北漢江辺散策路への標識に沿って少し歩くと、「外の美術展」の看板が出ていた。
北漢江へ出ると、すぐ左に美術展の横断幕。

ニュースで紹介されているくらいだから人が多いかと思ったら、人は点々。
来ている人たちは、北漢江沿いのサイクリングロードを自転車で走るために来た人たち。そして散策を楽しむ人たち。わざわざ美術展を見に来る人はいないんだろうか。

それでも、川があり、木があり、山が見え、気持ちのいい公園だ。
e0160774_22231082.jpg
ゴミがけっこう落ちていたり、ベンチの周りはタバコの吸い殻だらけだったりするけど…。

作品を紹介しよう。
e0160774_22205080.jpg
セミの脱け殻を透明なビニールで作った作品。
30cmくらいの大きさで、けっこうたくさんくっついているので、ちょっと気持ち悪い気も…

「斜線」という題名の作品。木の陰?
e0160774_22205056.jpg

木の幹に生えるキノコのような作品。
e0160774_22205021.jpg

贈答用の箱を再利用して作ったロボット(?)。
解説によるとロボットではなくて木らしい。
e0160774_22205010.jpg
e0160774_22205078.jpg

ヤギ?
e0160774_22205025.jpg
木が花束を持って、そこにちょうちょがとまっている。
e0160774_22254856.jpg
e0160774_22262514.jpg

川辺で遊ぶ子供たち?カエル?
e0160774_22254953.jpg

木の枝を背もたれにした椅子。
座っていると景色もいいのでとても気持ちがよかったのだ。
e0160774_22254991.jpg

木屑や枯れ葉などを盛り上げた横には石を積んで、古墳?
e0160774_22254930.jpg

展示のマップもなく、範囲を示す表示もなく、ただ作品の前にA4用紙に書かれた作品の簡単な説明があるだけなので、とてもゆるーい感じ。

作品がどこまであるんだろうかと川辺をずっと歩いていくと、ちょっと不思議な光景が。
e0160774_22254939.jpg
石の上に石が立ててある。
e0160774_22254934.jpg
近づいて触ってみると、乗せた石は下の石と接着してあった。
作品の表示がないところを見ると、昨年の作品なんだろうか。

こうして回ってみると、木の一つひとつが作品に見えてくる。すっかり葉が落ちた木の上に枯れ草が覆い被さって、オブジェのように見えるのだ。
e0160774_22280713.jpg
木にゴミがひっかかったりしているのも作品ではないかと思ったり。

会場(?)にけっこうゴミが落ちているので、「こういうイベントするんだったら掃除しろよなー」とか思ったけれど、それも飾らないこの地域の姿なのだと、それを変に飾ろうとしない住民も面白いなと思った。

そういえば、淀川のゴミでオブジェを作って川原に展示するアートユニット「淀川テクニック」なんかも地域住民と協力して制作活動をしていたりしていたよな、と。

環境アートって、自然保護的なメッセージを発しているものが多いと思うけど、変な理想主義に陥らない姿を見せているようでいいかも。

2015年の展示は2月28日から3月8日までで、終わってしまったけれど、毎年開催しているようなので、気になった人は来年に!
e0160774_22254982.jpg


[PR]
by matchino | 2015-03-19 22:33 | 展覧会 | Comments(0)
<< ramblrと奨忠洞の踏査 江華島散歩、「黄氏住宅」 >>