<< 韓洋折衷の美しい「聖公会江華聖堂」 城北洞と二つの愛の物語 その2 >>

昌信洞と「芸能人アパート」

e0160774_11541913.jpg
旧正月。
うちの場合、親戚が来たりしないので、朝にご先祖様に挨拶した後は暇になる。
それで毎年、「どこかに行こうか」ということになるのだが、いつもその場で決めるので、たいてい景福宮とか南山とかになってしまう。それも飽きてきたので、他の所へということになったのだが、妻が出してきた提案は、昌信洞の安養庵。
e0160774_11480413.jpg
このブログでも何度か紹介した寺で、岩山に刻まれた磨崖仏とか、岩山の上の洞窟とか、面白い所で、妻も気に入っていた所なのだ。
さっそくうちの家族と義母、義弟夫婦とで行ってみたが、この辺りが低開発地域だったりすることもあって大不評。涙)
e0160774_11480470.jpg
e0160774_11480431.jpg
何でこんな所に連れて来るんだ⁉︎ という様子がありあり。
e0160774_11480553.jpg
まあ、予想はしていたけど。


坂が多い地域で歩きまわって疲れたので簡単にお茶することにした。
が、東廟前駅の近くで怪しい建物を発見!
あれはもしや、「芸能人アパート」⁉︎
コーヒーで一休みする間に一人抜け出して、確かめに行った。
やはり、以前、昌信洞を訪ねた時に行こうかと思いながら行けなかったそのアパートだった。
「東大門アパート」が正式名たが、芸能人が住んでいたということで「芸能人アパート」という別名が付いた。
1965年に建てられ、当時は高級アパートだったという。
今は寂れて再建築の話も出ていたが、文化財として保存することになった。
詳細はこちら

入口からすごいオーラを発している!
e0160774_11541951.jpg
管理人室があるが、誰もいなかったので無事通過。

入ってすぐに中庭があった。
e0160774_11480496.jpg
両側に部屋があり、真ん中には両方の棟をつなぐ渡り廊下。
e0160774_11480495.jpg
廊下が曲がる部分のアールが時代を感じさせる。
e0160774_11480402.jpg
e0160774_11480453.jpg

階段部分の裏側には不思議な突出部分が。
e0160774_11541928.jpg
FBに公開した時は煙突ではないかという話が出ていたが、連なる突起が多宝塔を思わせる。

階段の柵もいい感じ。
e0160774_11480415.jpg
e0160774_11480485.jpg
義弟夫婦には悪いけど、今日も楽しい建築散歩ができた。笑

[PR]
by matchino | 2015-02-27 21:11 | 建築 | Comments(2)
Commented by yukiful-xmas at 2015-02-28 17:28
安養庵、私とlove子は大喜びだったのに~!(笑)
また、あの岩の上から東大門の街を眺めたいな~!
まぁ、オサレなカフェが好きな人もいれば、素朴な伝統茶が好きな人もいますからね。。。^^;
あ、なんかたとえがしょうもないね。 (>_<)

芸能人アパート、ここもまたおもしろいですね~。
リンクのナビのアパート特集も!
ソウルの新しい遊び方ができたわ!(笑)
Commented by matchino at 2015-03-02 13:38
ユッキーさん
弟夫婦はオサレなカフェ系でも伝統茶系でもないんですけどねー。韓国の「ザ・観光地」的なのがお好みでしょうね。
韓国人としては、こういうところは「昔なつかしの」か「暗い過去」でしかないのかもなーとか。

アパート特集、いいでしょう!
前にかりささん連れて行ったアパート散歩はここのですよ。この記事を書いた知り合いの案内で。
今度一緒に行きましょ!
<< 韓洋折衷の美しい「聖公会江華聖堂」 城北洞と二つの愛の物語 その2 >>