<< 坡州出版団地の図書館「知恵の森」 浦項! あこがれの浦項! 〈そ... >>

延世大学ルースチャペル

e0160774_19593475.jpg
建築家のソ・ヒョン教授の本「建築、音楽のように聴き、美術のように観る」を読んでいて出てきた延世大学のルースチャペル。
巨大な長方形の屋根が突き出している姿がかっこよくて、ぜひ見に行きたいと思っていると、ハンギョレ新聞社の建築専門記者のク・ボンジュン記者のルースチャペルの記事がネイバーに上がっていて、「これは見るべきだという信号だ」と思い、子供を負ぶって行ってきた。

地下鉄新村駅で降り、延世大学のキャンパスへ向かう。子供を負ぶって行ったら門のところで何か言われるかと思ったら、何事もなく通過。散歩に来ているようなおじさんおばさんの姿もたくさん見える。
工事現場の脇を通る道は人通りが多かったが、途中からルースチャペルへ向かう道は誰もいない。チャペルの前はほとんど人がいなくてとても静かだった。

小高い丘の上にチャペルがそびえている。ここは昔、王陵があった場所で、その地形をそのまま活かしているのだという。

この教会の特徴はやはり巨大なカンチレバー。カンチレバーとは片持ち梁のことで、大きな屋根を片方だけの柱で支えた形のことをいうのだという。釜山の「映画の殿堂」の建物について調べたときに知った言葉だ。
e0160774_20002477.jpg
写真で想像していたのは「巨大なカンチレバー」だったが、想像していたよりも少しスケールが小さく見えた。写真では屋根が暗くてよく見えなかったため、平たい直方体のコンクリートかと思ったが、実際に見てみると逆三角形の屋根だ。ク・ボンジュン記者の記事によると、丘の三角形と対象をなすように逆三角形になっているのだという。
黒っぽい屋根とコンクリートの色との落ち着いた配色の中で、柱のカラフルな装飾が映える。
e0160774_19593421.jpg
窓に取り付けられた格子模様も美しい。
e0160774_19593432.jpg
e0160774_20061694.jpg
ソ・ヒョン氏の本では外観の写真しかなかったので、外だけ見て帰るつもりだったが、ク・ボンジュン氏のコラムで礼拝堂の美しい写真があったため、これは見て帰らないと、と思って入ってみた。
礼拝堂の扉の前は、天井が少し高くなっていて、天井の脇にはステンドグラスがはめられている。
e0160774_20061606.jpg
青系と赤系だけの色彩的にも形態的にも独特なステンドグラスで、幾何学的な形態の建物によく合う。
床に落ちる影も美しい。
e0160774_20000763.jpg
礼拝堂の門は閉まっていたが、そおっと開けてみると誰もいなかった。水平線と垂直線、そして対角線だけのシンプルな形態で構成された空間。その隙間にはやはり青と赤のステンドグラス。
e0160774_20000724.jpg
真ん中の十字架は、実は木の肌の質感をそのまま残しているのだという。
e0160774_19593435.jpg
e0160774_20000799.jpg
e0160774_20000590.jpg

シンプルながら美しい形態を持った教会の姿に、この場所を離れるのが惜しいくらいだ。
e0160774_20002445.jpg
e0160774_20061661.jpg
e0160774_20061559.jpg
教会の脇に立つ木も、葉が黄色く色づいてアクセントとなっている。
e0160774_20061626.jpg
e0160774_20061638.jpg
このチャペルを訪問するきっかけをつくってくれたク・ボンジュン記者は、韓国の現代建築についてたくさんの記事を書いており、私もよく読んでいたが、私がこのチャペルを訪ねた数日後、イタリア出張中に突然亡くなってしまった。
FBには彼の死を悼む投稿がいくつも上がり、遅れながら韓国建築界においてどんな位置を占めていたかということが分かった。
冥福を祈りつつ、ク記者の記事を一つひとつ読み返してみたい。

[PR]
by matchino | 2014-12-29 21:10 | 建築 | Comments(0)
<< 坡州出版団地の図書館「知恵の森」 浦項! あこがれの浦項! 〈そ... >>