<< 延世大学ルースチャペル 浦項! あこがれの浦項! 〈そ... >>

浦項! あこがれの浦項! 〈その2 - 虎尾串〉

e0160774_21030983.jpg
あこがれの浦項、次はいよいよ待ちに待った虎尾串(ホミゴッ)灯台へ向かう。
ガイドは「見るべきものもあまりないところですけどねー」というが、「灯台があるじゃないか!」といいたい。

九龍浦から30分くらいのどかな漁村をバスは走っていく。
そのうち遠くに白い灯台が見えてきた。
あれだ!

虎尾串には幾つかの施設があるが、まずは、「新千年展望台」に登る。
e0160774_21004317.jpg
海を望む広場があり、その向こうに有名な「相生の手」という手のオブジェがある。
その左には灯台!
e0160774_20572465.jpg

虎尾串のすべてが見える場所だ。虎尾串は韓国で一番最初に日が昇る、初日の出の名所。
この展望台で新年を迎えるのもいいかもしれない。

展望台から下りて、海へ向かう。
e0160774_20572480.jpg

他の観光客たちは手のオブジェと写真を撮ったり、海に突き出した回廊を歩いたりしているけど、やっぱり灯台が気になる。

灯台!灯台!

海の中に立つ手にはカモメが4羽。
e0160774_20572402.jpg

手を見ながらも灯台が気になる。
e0160774_20572479.jpg

灯台!灯台!

そしてついに灯台へ!

普段は灯台の中は立ち入り禁止となっているけれど、ガイドさんが「知り合いに頼んでみます」ということで、無事交渉成立!中に入れることになった。

さて、まずは落ち着いて灯台の概要から。
高さ26.4m。1908年の11月に完工し、12月20日にその灯りを点し始めた。それから100年以上にわたって現役で海を照らし続けている。
八角形で、滑らかな曲線を描く胴体は白く塗られているが、実はレンガ造り。どうやって積んだらこんなに美しい曲線が出せるのだろうか。
e0160774_20572429.jpg
中には鉄製の螺旋階段があって一人がやっと登れるくらいの空間しかないという。胴体には正面に3つ、裏側に2つの窓があるが、螺旋階段に合わせてあるので横から見ると互い違いについているが分かる。
e0160774_11251125.jpg
窓と入り口には皆、三角のペディメントがついている。節制されながらもさりげない装飾が美しい。
e0160774_20572481.jpg
灯台って普通、素朴な機能美を備えた男性的な感じを受けるけれど、この灯台はこの曲線といい、装飾といい、女性的な感じを受ける。

入り口の階段の両脇の渦巻き型の装飾がかわいい。
e0160774_21013241.jpg


そしていよいよ内部へ!
e0160774_11265799.jpg
正面には緩やかな曲線を描いて昇る黒い階段。
e0160774_21011702.jpg

はしごのようにも見え、独特な装飾がついている。
白い壁と、黒い階段とモールドの、節制された色彩がいい。

階段の下から上を眺めてみると、八角形の天井の真ん中にスモモの花が咲いていた。
e0160774_20572437.jpg
大韓帝国の紋章だ。
1897年、朝鮮26代王の高宗が宣布し、1910年、日本に併合されるまでの短い期間存在した大韓帝国。
100年前の世界へ連れて行ってくれるような、薄紅色のスモモの花。
e0160774_11255684.jpg

階段は天井の穴を突き抜けて上へを登っている。
上の階の天井にもスモモの花。
この日は登ることはできなかったが、次にぜひ、登りたいなあ。

階段室を取り囲んで三角形の廊下(?)がある。
この空間も曲線が美しい。
e0160774_21012960.jpg
e0160774_11262390.jpg

美しい曲線を描く全体像を写したかったけれど、車が前を遮っていてちょっと残念。
e0160774_21132348.jpg
灯台の隣には灯台博物館が。この建築もなかなかいい。
e0160774_21013954.jpg
そしてその横には灯台の上部が展示されていた。
これを上に登って見たかった…。
e0160774_21014400.jpg
e0160774_21014850.jpg
それでも、これで数ヶ月来の夢が叶った。
大げさかもしれないけれど、本当に見に来たかったのだ。
それがこんな形で叶うようになるとは!
招請してくださった浦項市の市庁の皆さん、ありがとう!


浦項に行きたくなったら、観光の問い合わせはこちらに。
浦項市庁 朴宥貞(パク・ユジョン)さん/日本語可能
電話)054-270-3715
メール)bakusensei@korea.kr

[PR]
by matchino | 2014-12-27 19:46 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ハヌル at 2015-01-31 08:04 x
初めまして、こんにちは。
昨年末、九龍浦に行きました!こちらの灯台こんなに素敵だったんですね!遠目には見ましたが…残念。もっと早くにこの記事読めてたら良かったです(T-T)
Commented by matchino at 2015-02-01 20:09
ハヌルさん
訪問&コメントありがとうございます!
虎尾串に行ったらあの手のオブジェをみてだいたい終わりですからねー。私もあの本との出会いがなかったら灯台を見逃していたかもしれません。
見逃したとしても、また浦項を訪問するきっかけになるということで!^ ^ ぜひまた行ってみてくださーい。
<< 延世大学ルースチャペル 浦項! あこがれの浦項! 〈そ... >>