<< 昌慶宮の夜間開場が神秘的! 旧ソウル駅でチェ・ジョンファ氏... >>

韓国アパート散歩!

韓国古建築散歩のりうめいさんが主催する建築巡り。今回は西大門、忠正路近辺の近代建築と古いアパート巡り。期待を裏切らない、どころか期待をはるかに上回る面白い踏査だった。
あまりにも盛りだくさんだったので、面白かったその一部を紹介しよう。

まず、ミドンアパート。
e0160774_20551271.jpg
黄色く塗られた外壁が特徴。窓の間には何かの材料を重ねたような不思議な素材が使われている。
e0160774_20551278.jpg
e0160774_20551201.jpg
管理人のおじさんによると、建てられて45年経っているとのこと。「そんなに経ってるのにヒビも入っていない。頑丈に作られてるんだねえ」と管理人のおじさん。地下はビリヤード場とスンデククの店があるということで下りてみると…
e0160774_20551250.jpg
こんな広い構造に!りうめいさん曰く、「青と黄色と赤がフランス映画みたい!」とのこと。

e0160774_20551376.jpg
ビリヤード場から上がる階段。この下もよかったのだけれど、おばちゃんが嫌がったので写真は遠慮した。


次は、この日の一番の収穫、忠正アパート(旧三國アパート)。
韓国に現存する最古のアパートだとか。詳しくはこちら
このアパートの周りも古ーい路地が残っていて、歩きがいがある。
e0160774_20533937.jpg
e0160774_20533944.jpg
e0160774_20533946.jpg
e0160774_20533942.jpg
猫が教えてくれた道を廃屋の間を上って行くと…
e0160774_20533999.jpg
空き地があって、その前に三國アパートが!
窓の感じがいいなあ。
e0160774_20533983.jpg
e0160774_20533900.jpg
三國アパートを見上げるりうめいさん。
e0160774_20533987.jpg
蚊が多くて退散。彼女は20箇所も刺されちゃったとか!

e0160774_20533961.jpg
e0160774_20533921.jpg
いよいよ中へ。入り口の階段も歴史を感じさせる。
e0160774_21121026.jpg
廊下を回って行くと…
e0160774_21121187.jpg
なんと中央が吹き抜けになっている!
e0160774_21121177.jpg
韓国のアパートではよく見かける構造だが、少し変則的な構造に、丸い給水塔(?)が立っている!思いがけない不思議な構造に、「わー!!」という思わずもれる歓声を抑えるのがたいへんなくらいだ。
e0160774_21121173.jpg
中庭はそれほど広くなく、植木鉢など雑多な生活用品が置いてあるので雑然とした雰囲気だが、各階のベランダがリズムを作り、ほんとうに面白い空間だ。
外から見るとただの立方体に見えるが、こんな面白い構造だなんて!


さて、ここからは夜の部に突入。ここからは日本在住のブロガーのひゃんりさん夫婦が合流した。
西小門アパート
e0160774_21121291.jpg
緩やかにカーブした道に沿って、少しずつ折れ曲がって建っている、1970年に建てられたアパート。
何といってもこの長さにびっくり。長さが115mになるという。
規則的でない窓の大きさや配置がポジャギの模様のようにも見え…とはいい過ぎか?
e0160774_21121251.jpg
日本からわざわざ来たのに、アパートめぐりなんて誘ってしまって大丈夫かな?と思ったら、私たち以上に夢中になって写真を撮るひゃんりさん。


最後は金華師範アパート
京畿大学を越えて坂道をそうとう登らないといけないと脅されたのだが、そのとおりだった。
それでも、地図を見ながら細道を選んで行くとなかなか面白い路地だ。
e0160774_21121260.jpg
でっぱり窓がいいのだ。
e0160774_21155770.jpg
こんな不思議な階段があったり…
e0160774_21155701.jpg
そして坂を上り詰め…
e0160774_21155780.jpg
階段を登ると、不気味な建造物がそびえ立っていた!
e0160774_21155704.jpg
危険な建築物の等級E(最も危険)に指定されているというこの建物。確かに今にも崩れそうな雰囲気。
e0160774_21155801.jpg
りうめいさんの話では、自己責任で入ることはできるということだったが、それは以前の話のようだ。門は固く閉ざされ、よじ上って入れないように鉄条網が張られている。後で調べてみると、シティハンターというドラマのロケ地で、ロケ地めぐりのコースにもなっているところからすると、入れなくなったのはごく最近なのかも知れない。

昔は数10棟あったけれど、今は2棟が残るのみ。
e0160774_21155843.jpg
e0160774_21155849.jpg
階段部分が突き出ているのがかっこいい。金壽根設計のLG上岩図書館を思い出す。
e0160774_21155890.jpg
e0160774_21155802.jpg
振り返ると、崩れそうな家の向こうにソウルの街が広がっていた。
今度は三脚を持ってこよう。
e0160774_21155871.jpg
昼に訪ねても面白かっただろうけれど、夜の不気味な感じはさらにいい!
アパート・ナイト・ハイキングなんて、なんていい企画!りうめいさん、ありがとう!

[PR]
by matchino | 2014-09-29 21:27 | 建築 | Comments(4)
Commented by karissa at 2014-09-29 21:37 x
早いっす!!
ディープソウルへのお招きありがとうございました。
脅されたほどの坂でなくてよかった。
シティーハンターってドラマありました。見てみよう!ロケするほうもかなり危険ですよね。にしてもあの立地はよかったです。
Commented by matchino at 2014-09-29 22:18
ひゃんりさん、一番元気だったのがひゃんりさんだったかも!
ロケ地だから見に行ったっていう人のブログがあったんですが、あのネットがなかったんですよ。もしかしたら、ロケ地だっていって見に来る人が多くて閉鎖して、ネットも張ったのかもですね。
あそこに至るまでの坂もよかったですよね!
Commented by yukiful-xmas at 2014-09-29 22:21
怖そう〰〰! ぞくぞくする〰〰〰!!
でも、見てみた〰〰い!(笑)

古いアパートなんて、matchino君のブログを読むまで
注目したことなかったんだけど、なかなかおもしろいですね。
でも、わたくしちょっと小心者なので、肝が据わったlove子を連れて行こう!(笑)

Commented by matchino at 2014-09-30 13:04
ユッキーさん、私もりうめいさんが企画するまでは注目したことがなかったですよー。なかなか面白いでしょ! love子さんとまた行きましょう。って、また坂ですよー。タクシー、バス禁止ですよー。笑
<< 昌慶宮の夜間開場が神秘的! 旧ソウル駅でチェ・ジョンファ氏... >>