<< 金海空港から大邱美術館へ行く! ハイソウル・フェスティバルでの... >>

ハイソウル・フェスティバル「破片の山」

ハイソウル・フェスティバル4日目、ソウル市立美術館の前で行われたパフォーマンス、「破片の山」を見てきた。
これは美術館のレンガ造りの壁にやぐらを建てて、吊るしたロープでアートサーカスのようなパフォーマンスを行うもの。
去年のフェスティバルで同じようなパフォーマンスを見て感動したので、今年ももう一度見てみたかったのだ。

公演が始まる前から壁には、ビームプロジェクトによって、水彩画のような映像が映し出されている。
e0160774_21464040.jpg

やがて韓国人と思われる女性が二人登場してダンスを始めた。現代舞踊的なダンスだ。
両側のやぐらの上にはそれぞれ西洋人の男性と女性が現れ、吊るされた紐を伝って逆さになって降りてきた。
e0160774_214756.jpg

彼らも一緒にダンスを始めたが、体格や身体の動きが前の二人とはまったく違って美しい。それだけでも美しいのに、そこにさらに映像が重ねられて息を飲むような美しさだ。
そして、二人の西洋人は紐を伝って登り、空中でダンスを始めた。
e0160774_21473956.jpg

他の二人の力を借りて左右に振れたり、壁に足をついて立ってアクロバティックなダンスをしたりしている。
e0160774_21481315.jpg
e0160774_21483081.jpg

この壁に足をついて立って、宙返りしたりするパフォーマンスは何回も見たことがあるけれど、今回のものはずっとアクロバティックで、さらに動きが美しかった。
e0160774_21485892.jpg

また、ビームプロジェクトで投影される映像が美しい。特にこのたくさんのドットが人について動き回る映像が一番気に入った。
e0160774_21493167.jpg
e0160774_21495475.jpg


去年見たものが終始飽きさせなかったのに比べると、東洋人の二人のダンスのあたりなどはちょっと飽きさせてしまう部分もあった。
もちろん、素晴らしい公演なのだけれど、毎年すごいものを見ているのでちょっとのことでは驚かなくなってきたのかも。
でもきれいだったし、観てよかったなと。
[PR]
by matchino | 2013-10-18 21:51 | イベント | Comments(0)
<< 金海空港から大邱美術館へ行く! ハイソウル・フェスティバルでの... >>