<< ハイソウル・フェスティバルでの... 野外公演の祭典「果川祝祭2013」 >>

果川祝祭2013・番外編

果川祝祭に行ってきていつも苦労するのは家から遠いことだ。地下鉄4号線に乗っていけばいいのでソウルからは行きやすいのだけれど、私が住んでいる九里市からは地下鉄を乗り継いで1時間半かかるので、ちょっとした苦労は伴う。
まあ、それも趣味のためなのでちっとも苦労にはならないのだが、子供を連れて行くとなると話は違ってくる。特に今回は1歳になったばかりの乳飲み子を連れて行ったのでなおさらだ。

行きはまだよかった。ずっと眠っていたから。到着したら目が覚めて、1時間ほどの公演の途中からぐずり始めた。なんとかなだめながら最後まで見た。

この日は雨が降っていて、傘をさしながら、寒くならないようにバスタオルでくるみながらでたいへんだった。
だいたいこんなことしていると、おばちゃんたちに「こんな小さな子供連れて何してるの!」と怒られたりするのだけれど、今回は隣にいたおばちゃんが傘を差してくれたりして助けてくれた。
雨が降ってるのにたくさんの人がレインコートを着て見に来ているので、お祭り気分になっていたのかもしれない。
e0160774_20592145.jpg
果川祝祭の会場。満月のように浮かぶバルーンが会場を異次元のような雰囲気に変える。


でも帰りがたいへんだった。
乗り換えるまではそれほどぐずらなかったのだけれど、乗り換えてからは泣き出した。
周りの人たちがあやしてくれると泣き止んだりもするけれど、本格的に人がたくさん乗ってくると泣きやまなくなった。
鉄面皮になって最後まで乗るつもりだったが、おせっかいなおじいさんが「窮屈だから泣いてるんだよ。さあさあ皆さん、場所を開けてあげましょう!」とか言い出した。
満員電車の中でそんなことできるはずもない。子供が泣いてるのだけでも申し訳ないのに、こんな状況になったら降りるしかない。
仕方なく途中下車。
近くのバス停からなんとかバスに乗った。
バスに乗っても少し泣いたけれど、いつの間にか寝ていた。
やっぱり車の振動って眠りを誘うんだなあ。
e0160774_20592893.jpg
私の胸ですやすやと眠る娘。写真は他の日に撮影。


それでなんとか無事に到着。
雨の日に赤ちゃん連れ出して!とかおばあちゃんに怒られるかと思ったけれど、私の無謀な行動に対する免疫ができたのか、おとがめなし。

というわけで、私の趣味は子供たちの犠牲の上で成り立っている。
子供たちよ、こんな父親ですまない。
でも、一人で遊びに行く父親よりはマシだろう?
[PR]
by matchino | 2013-09-30 20:50 | イベント | Comments(0)
<< ハイソウル・フェスティバルでの... 野外公演の祭典「果川祝祭2013」 >>