<< ソウルと果川の、秋のアートイベ... 国立現代美術館の展示「デザイン... >>

国立現代美術館「今年の作家」展

前回からの続き。

今回の展示の最後は「今年の作家」展。注目の4人の作家の展示だったが、前に徳寿宮プロジェクトで見た作家の作品もあった。

でも、どういう意図の作品なのかはよく分からない。
と思っていたところ、シン・ミギョン作家の展示のところでドーセントが説明をしていた。
この作家は古代彫刻や壺などの遺物のレプリカを作っている作家らしかった。
ほとんど説明が終わった頃で文脈はよく分からなかったのだが、「…これもさっきの作品と同じく石鹸で作られています」というではないか。

えー! 石鹸⁉

確かにこの展示室にある100点以上にもなるシン氏の作品は、すべて題名を書いたプレートに「石鹸」と書かれていた。

その中のメソポタミアっぽい彫刻は、ところどころ欠けていたりするが、これはこの彫刻を雨風にさらしていたために破損したのだという。

普通、彫刻は金属や石で作られるが、長い年月が経つと雨風によって風化する。
石鹸も同様で、その「風化」する時間が短いだけなのだという。
そして観覧者は、長い年月をかけないと見られない風化の様子を目の当たりにするというわけだ。

そこで思い出したのが、美術館の庭に新しく展示されていた彫刻。これはこの作家の作品だったんだ。
e0160774_2081248.jpg

帰りに見に行ってみると、確かに「石鹸」と書いたプレートがある。プレートは金属だったので、作品が溶けてなくなったとしてもプレートは残るわけだ。
でも彫刻はまだ溶けた様子が見えなかった。展示が始まって1週間だから、これからか。


帰る前に、前回も見たビル・ビオラの展示を見に行った。
前回は燃えさかる炎の前に立つ黒い人影の映像だったが、今回は水が上からこぼれ落ちる下に横たわった人がゆっくりと天に昇っていく映像だった。
といっても水は逆さに昇っていく。映像を逆回しにしているのだろうけれど、そのように感じさせないほどに自然だ。
オペラ「トリスタンとイゾルデ」のためのインスタレーションだからか、何か神話的な雰囲気も感じさせる。

あ、もう一つ。
ミュージアムショップも改装したとかいう噂も聞いていたので行ってみた。
で、改装したのではなく、入口の脇のインスタレーションが新しくなったということだった。

でも、このインスタレーション、色とりどりのモビールがゆらゆら揺れていて、モビール好きにはたまらない。
売ってたら買おうかと思ったけれど、見つからなかったので、売り物ではないのかなあ。
e0160774_2081533.jpg

[PR]
by matchino | 2013-08-19 21:41 | 展覧会 | Comments(0)
<< ソウルと果川の、秋のアートイベ... 国立現代美術館の展示「デザイン... >>