<< チェ・ウラムの優雅なキネティッ... アラリオギャラリーで名和晃平の個展 >>

韓国大統領選挙戦、単一化パフォーマンス

仕事でソウル鍾路に出てみると、町の至る所にA4サイズくらいのカラフルなポスターが貼られていた。
韓国の大統領選挙に立候補している、文在寅(ムン・ジェイン)候補と安哲秀(アン・チョルス)候補の顔写真が半分ずつで、一つの顔になっているポスターだ。色は画像レタッチソフトでカラフルに塗り替えられている。そして、下には「CO - INNOVATION」の文字。なかなかいいグラフィックだ。

三つ巴になっている大統領選挙戦で、保守側は朴槿恵候補だが、革新側は文候補と安候補に割れており、このまま行くと保守側の勝利に終わる可能性が高い。そのため、革新側にとっては候補の単一化が最重要課題となっている。
そして、単一化のための会談が今日、行われた。このポスターはそのための運動なのだろうということは容易に想像できたが、どこかの大学生がしたんだろうか?
単一化のための会談に関するニュースを見た後で思い出して検索してみると、こんなニュースが出ていた。
要約するとこんな感じだ。

「在寅・哲秀、クロス! 単一化パフォーマンス」
6日の午前0時、ソウル鍾路のタプコル公園前。4人の男女がポスターを町の至る所に貼り始めた。文・安候補の笑顔が半分ずつ合成された姿と「CO + INNOVATION」の文字。両候補の単一化を望むポスター貼りパフォーマンスだった。
主導したのはポップアーティストのイ・ハ作家。
「単一化がなされるかどうか不安になっている市民に小さな力になりたかった」と作家は語る。
しかし、この作家の行為は不法行為に当たる。それでも作家は、「私の作品が市民たちに意味のあるメッセージを送れるのなら、それで満足だ」と語った。





こういうゲリラ的なパフォーマンスの、その現場を目撃できたのが楽しかった。
果たして、彼の心が通じたのか、両候補の会談はうまくいき、候補登録までに単一化することで合意したという。
まだ、どういう方法で、誰に単一化されるのかは未知数で、越えるべき山はまだまだ残っているのだけれど。
[PR]
by matchino | 2012-11-06 22:56 | イベント | Comments(0)
<< チェ・ウラムの優雅なキネティッ... アラリオギャラリーで名和晃平の個展 >>