<< ついにやって来る! アニッシュ... Retouramontの「無限... >>

ダンボールで町作りをするアトラクション

ハイソウルフェスティバル最終日、ダンボール箱で町を創るプログラムに子供たちとその友達を会わせて5人の子供たちを連れて行ってきた。
前回予約しておきながらも行けなかった時と場所が変わり、今回は慶煕宮で行われた。
お昼すぎに着いて、「お母さんブタ」というアトラクションの時間だったので行ってみたが、すでに定員一杯になってしまったという。
これは全長4メートルほどの母ブタの張りぼてが横たわっており、そのお乳の部分に穴が空いている。観客はその穴から首を突っ込んで、ブタのお腹の中で展開されるパフォーマンスを見るというもの。
そんな面白いプログラムなのだったらぜひ見てみたかったなあ…。
ちなみにこのブタ、ときどき鼻をひくひくさせながら、目を開けてキョロキョロとあたりを見回していた。

さて、いよいよ町を造る時間だ。会場にすでに数千個のダンボールが積み上げられていた。
そこに建築現場で働く労働者のかっこうをした5人のスタッフが登場した。コミカルに動きながら注意事項を説明した。
さあ、始まりだ。集まった家族たちがスタッフに引き連れられて入場し、思いのままに箱を積んで建物を作っていく。っていっても隣との場所的関係もあるし、なかなか思ったようには作れない。
それよりは、全体で一つの大きな建物を作っていくというようなプログラムができたらもっとよかったのではないかと思う。もしかしたら他の会ではあったけれども、今回はうまくいかなかったのかもしれない。
e0160774_22214438.jpg

↑子供たちがつくった家の中で。
e0160774_22222639.jpg

↑こうやって高く高く積み上げて…
e0160774_2223611.jpg

↑つけられた名前は「緊張感あふれる家」。
e0160774_2224154.jpg

↑作ったものをいっせいに崩させたり、
e0160774_22244062.jpg

↑会場でかくれんぼをしたり…

子供たちにはこの上ない楽しい2時間だったようだ。

そして、今回は全日程の最後の回だったため、最後の10分は子供たちに「思いっきりダンボール箱をつぶしていいよ」というお許しが出た。子供たちにとってはこの時間が一番楽しかったらしい。みんなけっこうストレスが溜まってるのかなあ…。
2時間たっぷり遊んだ後、最後に「サプライズがあります」といって、集まってくださいという。何かくれるのかな、と思っていると、PSYの「江南スタイル」がかかってスタッフたちが踊り出した。子供たちも一緒に踊り出した。最近、ニュースでよく見た光景が目の前で起きていた。特に驚いたのが、娘や娘の友達は恥ずかしくて踊らなかったけれど、息子が楽しそうに踊っていたこと。
e0160774_22253858.jpg

それにしてもこの歌、何がいいのかよく分からない。ってか、いいから人気があるんじゃなくて、話題性があるから人気なのか?
とにかく、子供たちを楽しませることに徹底していたこのプログラム、オーストラリアの「Polyglot」というチームによるもの。ほかにどんなアトラクションをしているのか気になる。
[PR]
by matchino | 2012-10-08 22:27 | イベント | Comments(4)
Commented by isa-ric at 2012-10-08 23:47
楽しそう~!
「緊張感あふれる家」 
名前がぴったりですね^^

江南スタイル!
日本でもテレビでニュースになっていました!
何でこの曲が人気なの?と思っていましたが
YGの音楽は個性的で うるさーいと思う時もあるけど
テンションを上げる時に聴いてます^^




Commented by matchino at 2012-10-09 21:05
横で誰かが触ると壁がゆらゆら揺れて、「あ~! 押さないで~!!」と。
緊張感あふれてますよね。

江南スタイル、やっぱり日本でもニュースになってましたか。
ビルボードでは2位まで行ったとか何とか。。。
何にも考えずにぱあーっと聞くにはいいかもですけどね。
Commented by citron7a at 2012-10-10 20:06 x
ダンボール箱って、子供にとっては楽しい遊び道具なんですよねー。
慶煕宮で、こんなイベントするんですね。

江南スタイル、子供にまで浸透してるとは。
すっごくキャッチーなメロディだし、おもしろいし。
でも、どうも苦手で、PVは最後まで見たことがないんです。
いつか、最後まで見たいと思ってます^^
Commented by matchino at 2012-10-10 23:01
citronさん
そうですよね。
ダンボールって、積んでも、入っても、つぶしても面白い!
光化門一帯がイベント会場になっているので、慶煕宮まで会場になったんでしょうね。

江南スタイル、子供のほうが好きかも。。。
大人向けなのに。。。
別に見ることはないかもです。私もニュースで出てくる一部をみたことしかないし。
<< ついにやって来る! アニッシュ... Retouramontの「無限... >>