<< 国立現代美術館ソウル分館の壁が…! 世界で一番小さいカフェ「KANU」 >>

韓国の「おさつスナック」

カルビーの「おさつスナック」。
韓国でもカルビーのブランドで出ている。
その名も「おさつスナック」。
って、一緒じゃん!
ハングルで「おさつ」ってでっかく書いてあるのだ。
それはいいとして、そのおさつスナックのパッケージを久しぶりに見て、びっくりした。
閉じてあるところが、横だ!
e0160774_1534316.jpg

つまり袋の四辺の短辺側を閉じるのではなく、長辺側を閉じているわけだ。
ほほお、なかなか考えたな!と思った。
スナック菓子の袋を開けるとき、私がいた頃の日本では袋を閉じてある所の両側をつまんで引っ張って開けていた。今はどうしてるのか知らんけど。
でも、韓国では閉じているところを縦に裂いて開けることが多い。上のようなやり方ではなかなか開かないのだ。
でも、この開け方の問題は、開けた口がへろへろして中のスナックがぼろぼろと落ちてしまいやすいこと。開けたその場所にそのまま置いて食べないと不便でしょうがない。
そこで考えたんだろう。閉じ方を変えればいいのだ!
私はものすごく感心したんだけど、本当のところの理由はなんだろう?合ってんのかな?
[PR]
by matchino | 2011-11-19 15:36 | 旅行 | Comments(2)
Commented by citron7a at 2011-11-19 20:17 x
わー、日本のと同じですねー。
おさちゅ。カワイイ♪

横とじだから、上の部分を左右にビーっと破って開けるっていうことですよね。
んー。いいかも。




あー、おさつスナック食べたくなってきました。
韓国は、さつまいものお菓子も多くてうらやましいです。
コリアタウンで、探してみます。

Commented by matchino at 2011-11-20 21:01
そっか、「ちゅ」ですよね!
長く住んでるとぜんぜん違和感がなくなってしまって、これは「つ」だって思っちゃうんですよねー。
昔はいい大人が「おさちゅ」なんていって!って思ってたんですけどね。
<< 国立現代美術館ソウル分館の壁が…! 世界で一番小さいカフェ「KANU」 >>