<< 韓国の「おさつスナック」 アジア現代美術プロジェクト「C... >>

世界で一番小さいカフェ「KANU」

ちょっと前から気になっていたTVのCM。
UNIQLOの時計みたいにミニチュア風に撮ったCMで、「KANU」と赤い字で書かれた黒い箱を組み立てる。何のCMかは残らなかったけれど、ビジュアルが頭に残っていた。
何かなと思っていたが、新しいコーヒーのCMだった。
最近、韓国にたくさんのコーヒーショップチェーンができて、儲けているので、また新しいチェーンかと思ったら、インスタントコーヒーだ。
おいしいコーヒー店にその地位を追われているインスタントコーヒーだが、これで盛り返そうというところなんだろうか。

さっそく買って飲んでみた。
よくあるインスタントコーヒーのパッケージではない、シンプルなデザイン。
e0160774_1525093.jpg

価格のほうは、10袋入りで砂糖入りが3500ウォン。ブラックが3200ウォン。
今回はブラックを買ってみた。
一般的なインスタントコーヒーの値段ってよく知らないけれど、どこかの記事によれば他のより2〜3倍高いのだそうだ。
で、重要な味の方はといえば…。
まず封を切ると、コーヒーの香ばしい香り…!
これでだいぶん点数が上がる。
そして飲んでみると、うん、なかなかうまい。
苦みと香ばしさは、今までの韓国のインスタントコーヒーと比べものにならない。
高いばっかりでそれほどおいしくはないテイクアウトコーヒーよりはずっといいんじゃないだろうか。
最近、Market Oとか、商品開発まで含めたマーケティングでけっこう成功している韓国のブランドが多くなってきたなあ。
[PR]
by matchino | 2011-11-12 15:03 | デザイン | Comments(3)
Commented by citron7a at 2011-11-12 23:04 x
かっこいいパッケージですね。
日本には、こういうカッコイイ系はないんですよねぇ。
うらやましぃ。。。
Commented by matchino at 2011-11-13 14:35
かっこいいですよねー。
でも、これ、マキシムブランドから出てるんですが、日本のマキシムも昔からかっこいいパッケージデザインしてましたよね。
CMも美しいのをたくさんつくってましたし。
ていうか、毛色の違うかっこよさってことですかねえ。日本のは格の高さというようなものを表現していた感じですかね。
Commented by matchino at 2011-11-13 14:38
一つ書き忘れたんですが、題名の「世界で一番小さなカフェ」というのは、この商品のコピー。
このコーヒーがあれば、どこでも小さなカフェになるということらしいです。
<< 韓国の「おさつスナック」 アジア現代美術プロジェクト「C... >>