<< アジア現代美術プロジェクト「C... 韓国民俗村に行ってきた >>

国軍機務司令部ツアープログラム

国軍機務司令部(キムサ)の跡地が国立現代美術館のソウル分館として工事が進んでいる。
元キムサの廃墟のような建物で2回の美術展が開かれたが、工事が始まってからは静かだった。
ところが、先週、一通のメールが送られてきた。
キムサから送られてきた国家機密情報…ではなく、UUL国立ソウル美術館(という名前になるらしい)の建築工事を始めるにあたって、建築現場を公開するツアープログラムを企画したという。
ソウル館建立運営チーム長や建築家が建物について、美術館の運営について説明し、アイデアを聴取する機会を作るとのこと。
先日、国立現代美術館の年間会員になったので、イベントのニュースが送られてきたのだ。
さっそく申し込んだら、建築家と学芸員が来る日に当たった。
最近、美術をはじめ、芸術に対する関心がすごく高まっている。
いろいろな興味深いイベントがたくさん行われるのはいいことだぞ。
[PR]
by matchino | 2011-10-25 20:43 | イベント | Comments(0)
<< アジア現代美術プロジェクト「C... 韓国民俗村に行ってきた >>