<< 栗林隆の個展「In Between」 旧ソウル駅舎が生まれ変わった! >>

パフォーマンスの祝祭「果川ハンマダン祝祭」

2年ぶりに「果川ハンマダン祝祭」に行ってきた。
国内外のパフォーミングアートが一堂に会するこの祝祭は15回目を迎えた。去年はハイソウル・フェスティバルと重なって見に行けなかったが、今年は時間をとって見に行ってきた。
出発が遅くなってあまりたくさんの公演は見られなかったが、その中でも見た甲斐があったのは、「光、飛ぶ」、「魔法の夜」というパフォーマンス。

e0160774_21261563.jpg

「光、飛ぶ」は、建物の壁に3人の人がロープでぶら下がり、パフォーマンスを繰り広げる。暗くなりかけた時間で、途中から人が電気で光り、幻想的なショーだった。

その次が今回の目玉的な公演。Xarxaというチームの「魔法の夜」。
e0160774_2127636.jpg

フードを被った数人の男たちがドラムを叩きながら歩き回り、集まった人たちをある場所まで率いていく。そして、宗教の司祭のような人を迎えてもと来た道を戻っていく。
e0160774_2127421.jpg

途中で目と口だけ空けたフードを被った人たちが合流すると、手に持った花火に火をつけた! 花火を振り回しながら数百人の観客たちの間を走り回り、観客たちも火花を浴びながら興奮して彼らの後をついていく。最初は「火花を浴びても大丈夫なのか」と心配したが、そのうちにどうでもよくなってくる。
e0160774_21295794.jpg

棒の先に回転する花火をつけたり、自転車や牛をかたどった手押し車に花火をつけたり、いろんな形で人々を興奮させる。ほぼ1時間、息子を肩車しながら花火を追いかけまくった。
このパフォーマンス、祭りや宗教のパロディなんだろうけれど、単純ながら人を興奮させる作品で、楽しませてもらった。
毎年こういう祝祭を見に行っていると、いろいろな公演があるけれど、やっていることは似ていると思う。でも、やはりその場で体験すると興奮させられるし、面白い。来年もどんな公演に出会えるか楽しみだ。
[PR]
by matchino | 2011-09-30 21:32 | イベント | Comments(2)
Commented by citron7a at 2011-10-01 10:28 x
すごいーっ!
人が光って飛んでるっ。
(昔、テレビで見たフライングヒューマノイドっていうのを思い出しました
 すっごいコワかったんですけど・・・)

見てみたいー。
日本には来ないのかな・・・。

マントやマスクのも、ちょいコワですね。
ハーメルンの笛吹きみたい。
どっかに、連れて行かれちゃいそうです。

やっぱり、アートですね。韓国。
うらやましいです。

Commented by matchino at 2011-10-02 15:45
この壁につり下がるパフォーマンスはいろんなところでやってる見たいですよ。でも、光るとは思わなかったので、びっくり! 「わあぁ!」って歓声が上がっていました。

ハーメルンの笛吹き…! 確かにそうですね!
なんか、危ない宗教儀式で生け贄にされそうな…! うわー!

こういうイベント、多くなってきました。機会があれば、時期を合わせてくるのもいいかもですね。
<< 栗林隆の個展「In Between」 旧ソウル駅舎が生まれ変わった! >>