<< ロッテワールドで リモデリングされた「夢の床」 >>

Josep Maria Jujol

久しぶりにコエックスに行って、バンディ&ルニスという大型書店に寄った。
また展示会ブースのデザインを依頼されそうなので、店舗デザインの本をあさる。
その中で目に留まったのが、Josep Maria Jujolという建築家の写真集。ガウディの建築に似ていると思ったが、調べてみると、ガウディと一緒に仕事をした人らしい。独特な形と色彩感覚が素晴らしい。
天井がカメラの絞りのように重なって、その真ん中にイエス像があるなんて、こんな美しさ、あり得るのか!
やっぱり、スペインは一度は行くべきだなあ。
[PR]
by matchino | 2011-07-12 20:59 | 建築 | Comments(0)
<< ロッテワールドで リモデリングされた「夢の床」 >>