<< ペーパークラフトでロボットをつくる 仁川アートプラットフォーム訪問記1 >>

仁川アートプラットフォーム訪問記2

ギャラリーを見終わって外に出ると、高校の制服を着た学生たちが集まっている。訊いてみると、現在、放映中のドラマ『Dream High』の撮影をしているという。事務棟では俳優たちが撮影を待っていた。
e0160774_2242462.jpg

しばらくして、撮影が始まった。人気の学生を乗せた車が麒麟芸術高校に到着し、ファンたちが集まってくる、という場面だ。初めてドラマの撮影現場を生で見たが、雪の降る中、1カットを撮るのに何回も撮影する。ドラマの撮影って思ったよりも大変そうだ。

ここ、仁川アートプラットフォームはそれ程広くはないけれど、この地域一帯が、昔栄えた頃の姿をとどめている地域のようだ。すぐ近くに旧・日本第18銀行の建物があり、近代建築展示館になっていた。
e0160774_2262256.jpg

小さな建物だけれど、ここ一帯の歴史や建築物について紹介していた。
e0160774_227218.jpg

模型などもよかったが、気に入ったのがこの天井。
煉瓦の壁が少しむき出しになっていて、幕が張られていた。

そして、すぐ近くにも、旧・日本第1銀行の建物があり、ここは仁川海港博物館になっていた。
e0160774_2273740.jpg

e0160774_2281414.jpg

(右)天井は、当時のものだろうか、照明がいい感じだ。

e0160774_2285651.jpg

当時の立体写真機(下)と立体写真鑑賞機(というのか?)(上)。

前回の写真の青い木のオブジェの前の建物は、資料館だった。
e0160774_22957100.jpg

e0160774_22103268.jpg

その一室は展示室。

e0160774_2211490.jpg

その向かいの部屋は資料室だった。美術関係の書籍や雑誌、DVDが閲覧できる。書籍数はそれほど多くはないけれど、韓国内の美術系の雑誌は一通りそろえてあるし、その日は誰も来ておらず、静かだった。職員も親切にアートプラットフォームについて案内してくれた。この資料室では美術関係者などを呼んで講演会を開いたりもするらしい。
行くところがないときにまた来てもいいかなと思わせる。遠いといえば遠すぎるけど…。交通も不便だし、たくさんの人が訪れるような所ではないので、込まなくていいかな。
[PR]
by matchino | 2011-01-29 22:13 | 展覧会 | Comments(0)
<< ペーパークラフトでロボットをつくる 仁川アートプラットフォーム訪問記1 >>