<< 大林美術館の次の展示はディータ... インサイド・ポール・スミス展を... >>

Thomas Struthの個展

大林美術館を見てから景福宮を通ってギャラリー現代へ。Thomas Struthの個展を見てきた。
トーマス・シュトゥルースはドイツの写真家で、給水塔の写真のシリーズなどで有名なベッヒャー夫妻に師事したという。大型のカメラで風景を切り取る。
今回は、2007~2010年、韓国で撮影した写真の展示だった。
e0160774_21535465.jpg

アパートの建設現場や埠頭などがモチーフとなっており、正方形に近いフレームで迫力のある写真だった。
アパートの建設現場は見慣れた一風景という感じを受けたが、埠頭での大型貨物船や巨大建造物はすごい迫力で迫ってくる。
写真については本当に不勉強で、こういう写真はどんなカメラで撮るんだろうか、気になってしょうがない。すごく広角なのに横の方が全くひずんでいない。
一度こういう写真を撮ってみたい。
[PR]
by matchino | 2010-11-21 21:54 | 展覧会 | Comments(0)
<< 大林美術館の次の展示はディータ... インサイド・ポール・スミス展を... >>