<< 今回のハイ・ソウル・フェスティ... ソウル、秋のアートイベント >>

ソウル国際メディアアートビエンナーレ

ソウル国際メディアアートビエンナーレを見に行って来た。
朝からどしゃ降りかの雨が降り、秋夕ということもあって、人は少なかった。
今回は、写真の作品と映像作品が多く、テーマは社会的、政治的なものが多かった。
東欧の社会問題を扱う作品は、なかなか実感もわきにくく、共感もしにくいので、素通りしてしまう。
写真作品や映像作品の場合、それなりのインパクトを持った作品でないと、一目につけさせるのが難しいと思った。
そんな感じで、印象に残ったのはインスタレーション作品。
日本、韓国、中国のユニットによる西京オリンピックプロジェクト、それからインドの作家、シルパ・グプタのインスタレーション作品が、印象的だった。
[PR]
by matchino | 2010-09-26 13:27 | 展覧会 | Comments(0)
<< 今回のハイ・ソウル・フェスティ... ソウル、秋のアートイベント >>