<< ロジャー・ディーン回顧展 吉岡徳仁氏の個展「スペクトラム」 >>

ソウルで日本のカラオケが恋しくなったら…

知り合いから久しぶりに電話が来て、新村にある日本のカラオケに行こうという。
韓国のノレバンにも日本の歌はたくさんあるので、それほど期待はしていなかったが、行ってみると、なんと、日本の通信カラオケの本があるではないか!
この本の厚さ、アーティスト名での検索、韓国のノレバンにはないのだ。
こんな歌まで入っているのか!という驚き。
the Stone Rosesが何でこんなにも多いんだろう?歌う人が多いのかなあ?それで、『I am the Resurrection』を歌う。後から調べてみると、シングルがこんなに多かったんだ。
e0160774_21573027.jpg

誰かが『トランジスタラジオ』を歌った。そうだ、RCを歌わねば!『わかってもらえるさ』もある!『いいことばかりはありゃしない』もある!
金ほしさのためだけで働くのも何なので、『わかってもらえるさ』を歌う。
そして、最後はやはり『雨上がりの夜空に』!
というわけで、ソウルに来て日本のカラオケが恋しくなったら、新村のブルーノレバンに行くべし。
e0160774_21582999.jpg

[PR]
by matchino | 2010-05-22 22:00 | 旅行 | Comments(2)
Commented by つん at 2010-07-09 01:05 x
お値段は?!
あんまり高いと無理だわ…汗
Commented by matchino at 2010-07-09 13:10
うーむ…。
結構高めだった気がするなあ。ときどきしか行けない感じ?
<< ロジャー・ディーン回顧展 吉岡徳仁氏の個展「スペクトラム」 >>