<< ドキュメンタリー映画『Man ... フィリップ・ジャルスキーに似てる!? >>

本物のスンデ体験

残業のためにスンデで夕食をすませているところに、韓国人の知り合いがやってきたので、一緒に食べた。
その人がいうには、「おいしいスンデの店があるんだけど、そこのを食べたら、これは食べられない」と。
そんなものかと思っていたが、数日後、その人が「おいしいスンデを食べにいこう」と誘ってくれた。事務所の同僚と5人で行くことにした。
高麗大学駅4番出口で待ち合わせて、その店に向かう。3分ほど歩いたところに店はあった。
オソリ食堂という名前の食堂で、結構たくさんの人が入っていた。
まずスンデを3皿注文。
で、出てきたスンデを見て驚いた。
e0160774_2336381.jpg

う、旨そう…!
ふつうの赤黒いスンデと、白いスンデと、モツ。
柔らかくて、熱々で、本物のスンデというものが、こんなにおいしいものだったとは!
訊いてみると、昔は皆、このようなスンデだったというが、こういう昔ながらのスンデが食べられるところはそう多くはないということだ。
スンデの皮は豚の腸だが、ふつうに売られているスンデは、食用のビニールを使っているとのこと。
本物の材料を使ったスンデはここまでおいしいというわけだ。
結局、もう一人来る知り合いを待つ間に、一人一皿食べてしまった。
また行かねば。
[PR]
by matchino | 2009-06-23 23:37 | Comments(3)
Commented by アーヤ at 2009-06-25 11:07 x
私も大好き。こういうの食べちゃうと、もう「ナイロンスンデ」は食べられませんよね。
Commented by matchino at 2009-06-25 22:28
「ナイロンスンデ」っていうんですか?なんか、名前まで「偽物」くさいですね。
Commented by ねね助 at 2009-06-27 23:53 x
今まで食べてたスンデがビニールだったとは……
ホントにショッキングでした。 遠い眼
<< ドキュメンタリー映画『Man ... フィリップ・ジャルスキーに似てる!? >>