筆洞のストリートミュージアムが楽しい!

FB友達が筆洞の「ストリートミュージアム」に関する記事を上げていた。週末、特に行くところもなかったので、娘を連れて行ってみることに。
地下鉄4号線忠武路駅4番出口を出て、毎日経済新聞社の裏の路地に入ってみる。どこだかはっきりは分からないで行ったけれど、うろついていたら、これを見つけた。
道端に設置されたギャラリー。

e0160774_21211124.jpg

スタンプラリーのスタンプもあるため、どこかに用紙がないかと探してみた。

さらにうろついてみると、記事にあった「マイクロミュージアム」という映像作品の展示があった。

e0160774_21211189.jpg

そして、その前には「チケットボックス24」という店。美術書籍の店で、スタンプラリーの用紙を備置してあった。スタンプを全部押すと、隣のカフェでコーヒーをもらえるという。さっそくスタンプラリーに出発した。

ここから出発!↓


ギャラリーがあったり、立体駐車場のビル全体が作品になっていたり、道端に作品があったりと、展示の仕方も多様で面白い。作品のレベルも高い。パブリックアートって今まで関心がなかったけれど、これはなかなかよかった。

e0160774_21211211.jpg
e0160774_21211204.jpg
e0160774_21211217.jpg
e0160774_21211123.jpg
e0160774_21211349.jpg


全部回ると30分くらいかかったけれど、スタンプラリーがあるので、うちの娘も楽しんで最後まで回れた。

近くにある南山韓屋マウルの中にも3つの作品ブースがあった。

e0160774_21211361.jpg
e0160774_21252881.jpg
e0160774_21252723.jpg


全部回って、最後のスタンプは「チケットボックス24」の隣のカフェで押してもらった。そして、私はコーヒー、娘はアイスティーを。

e0160774_21211362.jpg

このカフェも、韓屋を改造したようで、なかなかいい空間。
実はここ(なのか、このあたりなのか)は「南學堂」という朝鮮時代の教育機関があったところなんだとか。

e0160774_21252844.jpg

パンフレットをゆっくり読んでみると、2014年から行っているプロジェクトだという。今まで知らなかったことが不覚!
毎年5月と10月にはストリートアート・フェスティバルを開催しているということなので、ぜひ行ってみよう。

[PR]
# by matchino | 2017-03-11 21:30 | 展覧会 | Comments(0)

「トッケビの家」雲峴宮洋館を訪ねる

e0160774_20300736.jpg


コン・ユ主演のドラマ「トッケビ」。
娘たちが観ているのを横からときどき観ていただけだけれど、ちょっと気になったことがあった。
それは、トッケビの家として出てきた洋館。雲峴宮(ウニョングン)の隣にある「雲峴宮洋館」と呼ばれている建物だ。

実はこの洋館、徳誠女子大の事務所として使われていて、普段は関係者以外は入れなくなっている。以前、外観だけでも見たいと思って学校の門を通過しようと思ったら、守衛のおじさんに呼び止められて入れなかったことがある。
でも最近、「トッケビの家を見てきました!」というブログがいくつか見られたので、敷地内に入れるようになったのかと思った。それで、旧正月の連休、娘に「トッケビの家を見に行こう」とうまく誘い出して行ってみることにした。

鍾路三街駅を出て、昔のピカデリー劇場を通り、益善洞へ。
そこから楽園商街の通りを北上して、徳誠女子大の門の前へ。
でも、連休中で門がしっかりと閉まっていた。そりゃそうだよなあ。
でも「トッケビ」のためか、外国人たちが門の前でうろうろしていた。

仕方がないので、塀越しにでも見ようかと、雲峴宮に入った。

e0160774_20300525.jpg

雲峴宮は朝鮮第26代王・高宗の父親である興宣大院君(フンソンテウォングン)の私邸。立派な韓屋が並んでいる。
そして、その向こうに雲峴宮の洋館が見える。

e0160774_20300578.jpg



ところで、実はこの次の日、私がよく聞いている「トコトコ歴史紀行」というポッドキャストで雲峴宮の話が出てきた。その話がなかなか面白かったので紹介しよう。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

まず、雲峴宮という名称の由来。
今、現代の社屋がある辺りに、現在の気象庁にあたる「書雲観(ソウングァン)」という官庁があったという。その「雲」の字を取って、地形が少し丘になっているため、丘を意味する「峴」の字をつけて、この辺りは「雲峴」と呼ばれた。
高宗がここで生まれ、12歳までここで暮らしていた。そして12歳で幼くして王となったため、父親の興宣大院君が摂関政治を行い、雲峴宮は政治の中心となった。当時は昌徳宮と接しており、興宣大院君が昌徳宮と行き来する門をつくったという。
後に興宣大院君の権力は弱くなり、大院君は雲峴宮で死を迎えた。

日本統治時代を経て、解放された時、雲峴宮は高宗の孫である李鍝(イウ)の所有となっていた。
李鍝は日本政府の政策で強制的に日本で住まわされていた。しかし、李鍝の妻である朴贊珠(パク・チャンジュ)は気が強い人で、政府に「朝鮮に帰してほしい」と要求していた。結局、李鍝は帰れなかったが、朴贊珠は許可されて朝鮮に帰ってくることができたという。どれほど気が強い人だったんだろうか。
李鍝は日本で軍人として階級を与えられて広島で勤務していたが、不幸にも原爆が投下されて広島で爆死した。

韓国の解放後、朴贊珠は息子の李清(イチョン)と共に帰国して雲峴宮に住んでいた。
その時、韓国では皇室の財産を国有化する政策をとっており、すべての宮は国有化された。国有化の手はもちろん雲峴宮にも及んだ。
しかし、朴贊珠は最後まで雲峴宮は私有財産であると主張し、ロビー活動まで行いながら国会から許可を得て個人所有として残すこととなったという。

その後、李清に対し、李承晩大統領は養子となることを勧めたという。自分が朝鮮王朝の子孫であると主張していた李承晩は、王室の子孫を養子にすることでさらに権力者としての正当性を強化しようとしていたのだ。もちろん、朴贊珠はそれを断固として拒絶した。
しかし、李承晩の要求を拒んだしっぺ返しが帰ってきた。それまで李王朝の子孫に与えられていた財政支援が断ち切られのだ。朴贊珠は雲峴宮の一部を売却せざるを得なくなり、徳誠学院はそれを買い取って徳誠女子大を創設した。長い間、徳誠女子大の土地となっていたのはこのようないきさつがあったのだ。
現在はソウル市が買い取って雲峴宮を復元した。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

これがポッドキャストで紹介していた雲峴宮の話だ。

そして、その数日後にソウル歴史博物館を訪ねると、雲峴宮の遺物がたくさん展示されていた。
雲峴宮洋館で使われていた家具や、朴贊珠の服などが展示されている。

e0160774_20300715.jpg


雲峴宮で使われていた食器もある。これらはすべて特注で制作され、底には「雲峴」の字が入っていた。

e0160774_20300820.jpg


この展示も細かく見ていくと面白そうなので、また行ってみよう。


この日は洋館は塀越しにしか見られなかったけれど、その後のある日曜日、もう一度訪ねた時に敷地内に入ることができた!
守衛のおじさんがいなかったのだ。私の他にも「トッケビの家」を見に来た人がたくさんいた。もちろん男たちも!

e0160774_20300696.jpg
e0160774_20320824.jpg

e0160774_20300603.jpg
e0160774_20300786.jpg
e0160774_20300609.jpg


やっと目の前で見られたので感無量。
でも、この美しい洋館、実は韓国の建築の本では「西洋の歴史的様式を真似しただけのあまり価値がないもの」と評されていることが多い。日本人が建てた建物だからだろうか。

今は建物の中に入ることはできないが、近々開放されるようになるという噂があるという。早く入れるようになったらいいな。

[PR]
# by matchino | 2017-03-04 20:39 | 建築 | Comments(0)

公州建築巡り 5 トンボが遊んでいった路地と草花文学館

e0160774_21085857.jpg
公州近代建築巡りの続き。ルチアの庭の前の路地は「トンボが遊んでいった路地」と名付けられており、昔の様子がけっこう残っている。
e0160774_21092851.jpg
倉庫のような建物なのに、なぜか旅館の看板。旅館は別のところにあるのかな?
e0160774_21101017.jpg
怪しげな大きな壁!
壁には「公山城の血闘」という映画なのか演劇なのか、広報のための絵が描かれている。
e0160774_21101099.jpg
e0160774_21101158.jpg
建物の表側に回ってみると、角が丸くなった古い劇場っぼい建物だった。
でも看板には「学生百貨店」とある。
そしてその学生百貨店も閉店しているようだった。
後から調べてみると、湖西劇場という劇場だったことが分かった。
e0160774_21102156.jpg

それから、「公山城の血闘」の壁画の向かいにあったゲストハウス、キレイそうだなと思っていたら、1泊3万ウォンだとあるブログで紹介されていた。泊まるとしたらここかな。まあ、日帰りで充分なんだけど…。

その向かいには古い商店。この辺りは昔の繁華街なんだという。もう少し歩いたら昔の痕跡が見つかるかもしれない。
e0160774_21101104.jpg

それから、前回、少し話した「草花文学館」。
旧市街を見下ろす山の麓に建っている日本統治時代の裁判所の官舎を改装したものだった。
e0160774_21101227.jpg
詳しくはこちら

黒く塗り直しているけれど、当時の構造はそのまま残っている。
この日は閉館時間後に訪れたので入れなかった。
e0160774_21101106.jpg
裏の方に回ってみると、外に面した廊下があって、まさに日本家屋。
e0160774_21101219.jpg
窓から中を覗くとアコーディオンが置いてあった。いいなああ。
e0160774_21101241.jpg

公州、そんなに頻繁に訪れることはできないけれど、1年に一度くらいは訪れて歩き回りたいな。
草花文学館も入れなかったし、今回見に行けなかった洋館もあるし、鉄橋を歩いて渡ってみないとだし、やるべきことは多いのだ。




[PR]
# by matchino | 2017-01-12 21:15 | 建築 | Comments(0)

公州建築巡り 4 ルチアの庭

e0160774_22281211.jpg
公州近代建築巡りの続き。
公州の旧市街には昔の家屋がたくさん残っている。そんな家屋の一つを改造したカフェ、「ルチアの庭」。いろいろな雑誌などで紹介されており、一度行ってみたいと思っていた。

公州の旧市街を流れる済民川に沿って歩くと細い路地の入り口に木でできた小さな案内板があった。素朴な雰囲気を求めて多くの人が訪れるようになったのか、「トンボが遊んでいった路地」という名が付いていた。
e0160774_22280911.jpg
路地に入って曲がり角にある青い門の家、そこが「ルチアの庭」だった。小さな庭には簡単に花が植えられている。
話題になっていたカフェなので、席はないかもしれないと思っていたが、奥の小さなテーブルが一つ空いていて、そこに三人で座った。
入り口で靴を脱いで上がりこむかたちになっていて、私たちが座った部屋と縁側を改造したと思われる板の間、そして厨房の上には屋根裏にあたるタラクパンがあった。
e0160774_22280913.jpg
e0160774_22281180.jpg
もともとは「ステラ」という洗礼名を持ったおばあさんが、旦那さんと二人で建てた韓屋の家だったという。家を建ててから3年後、旦那さんは亡くなって、その後、ステラおばあさんもこの家を去ったけれど、同じ聖堂に通う「ルチア」という洗礼名を持つ今の主人がカフェに改造したということだった。

「お一人様につき一つ注文でお願いします」といって渡されたメニューを見ると、ちょっとしゃれた名前のついたお茶がずらり。よく見てみると、緑茶だったりプーアル茶だったり。それで紅茶を頼むことにしたんだけれど、これもまた種類が多い。お店の人にヘルプを出すと「シャングリラが人気ですよ」ということなので、それを頼んでみた。

まずは妻のが出てきた。お茶は何だったか憶えていないけれど、おいしかった。茶碗も美しい。
e0160774_22281037.jpg
置いてある雑誌などをペラペラとめくりながら待っていると、ほんとうにしばらくして紅茶が出てきた。でも空間に流れる雰囲気がよすぎて、待たされた感じがしない。ゆったりとした時間の中に寄っているような感じだ。
そして、ポットからティーカップに注ぎ(ああ、これを書いている時にも、あのカップに注ぐ音が心地よく聞こえるよう!)、一口。んー、すばらしい香り! おいしく淹れたものを持ってきているし、ポットの中のお茶がなかなか冷めずに何杯も飲めるなんて!
e0160774_22281102.jpg

そしてクリスマスだということで、娘にはチョコレートのサービス。手作りのようで、ちょっとビターだったので、娘は食べられなかったけれど、私が食べるとおいしかった。
e0160774_22281120.jpg
ふと思い出して、近くにある「草花文学館」を見に、妻と娘を置いてしばらく出てきた。文学館は閉まっていてすぐカフェに帰ってきたのだけれど、少し紅茶が残っていたので、飲もうとすると、お店の人が「冷めたでしょう」といって、新しく淹れた紅茶のポットを持ってきてくださった。
え、これサービス⁉︎
e0160774_22281605.jpg
結局、2時間くらい居座っただろうか。居心地がよすぎて家に帰りたくなかった。CDプレーヤーから聞こえるバッハの無伴奏チェロもいつもよりも甘く心に響く。お店の人もとてもいい人たちで、この人たちがこういう雰囲気を創り出していたということもあるかもしれない。

出る時には絵葉書を2枚プレゼントしてくれた。
e0160774_22281665.jpg
雰囲気はいいし、人はいいし、お茶はおいしいし、本当に、ここを訪ねるためだけに公州に行く価値はあると思う。次は夏にでも、タラクパンか、縁側で過ごそうかな。




[PR]
# by matchino | 2017-01-11 22:35 | 建築 | Comments(0)

公州建築巡り 3 旧公州邑事務所と公州第一教会

e0160774_22273724.jpg
公州の近代建築巡り、次は「ルチアの庭」に行こうかと思ったけれど、一緒に来た妻と娘がおやつを食べに他の店に入ってしまったので、私は一人で他の近代建築を見に行くことにした。

ここで公州を巡る時のヒントを一つ。ルチアの庭は最後に、そして時間をたっぷりとって行くべし!とても居心地のいい空間なので、他に行きたくなくなるのは必至!

公州映像歴史博物館。
日本統治時代の1920年に金融組合連合会の会館として建てられた、レンガと石造りの建物。1930年から1985年までは公州邑事務所として、1986年に公州邑が市に昇格してからは1989年まで公州市庁として使われたという。現在は公州映像歴史博物館として使われている。
e0160774_22273445.jpg
太い円柱が並んでいて、権威的なイメージ。両脇にある円形の窓にも石の装飾が付けられていてかっこいい。
e0160774_22273472.jpg
中は映像歴史博物館となっており、1階はインタラクティブな公州の観光地の説明パネルが並ぶ。2階は公州の昔の写真が展示されていた。内部がすっかり改装されているのは残念だけれど、階段の構造だけは当時のものだろう。
e0160774_22273615.jpg
側面に回ってみると、こんな可愛い柵が付いた丸窓。
e0160774_22273626.jpg
以前、ここを訪ねたりうめいさんが、この近くで木の電柱を見つけたといっていたのを思い出して探してみると、すぐ前の路地にみつかった。この電柱といい、建物といい、よく残してくれている。保存状態も素晴らしい。
e0160774_22273528.jpg

もう一つ訪ねてみたのが、公州第一教会。1930年に建てられた、この地域で初めてのプロテスタントの教会。
e0160774_22273739.jpg
e0160774_22273807.jpg
e0160774_22273896.jpg
e0160774_22273883.jpg

窓からステンドグラスが見えたので、中に入ってみたかったけれど、すべての扉に鍵がかかっていた。やはりプロテスタントの教会だな…。

さあ、いよいよずっと前から行ってみたかった「ルチアの庭」へ。次回をお楽しみに!




[PR]
# by matchino | 2017-01-07 22:34 | 建築 | Comments(0)